コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足立孫六 あだち まごろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足立孫六 あだち-まごろく

1843-1911 明治時代の政治家。
天保(てんぽう)14年9月生まれ。自由民権を主張し,浜松県民会を設立。明治12年静岡県周智(しゅうち)郡長となり道路の開削につくし,道路郡長の異名をとる。25年衆議院議員(当選2回)。明治44年7月27日死去。69歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。本姓は三橋。号は湛水。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

足立孫六の関連キーワード牧野省三ライト桂太郎内閣ランデールアメリカ合衆国史(年表)桂文治(6代)フェリス(父子)岩石区エクソンモービル河上肇

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone