跡形無い(読み)アトカタナイ

デジタル大辞泉の解説

あとかた‐な・い【跡形無い】

[形][文]あとかたな・し[ク]
以前そこにあった事物がすっかりなくなっているさま。跡形もない。「―・く焼失した」
わけがわからない。また、根拠がない。
「あはれ、これ程―・き事を仰せ候御事は候はず」〈義経記・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あとかたない【跡形無い】

痕跡をとどめない。 「 - ・く消える」
根拠がない。わけがわからない。 「小督こごうが失せたりといふ事、-・き空事なりけり/平家 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あとかた【跡形】 (も)無(な)

① 何かがあったという様子が全くない。形跡がない。痕跡もない。
※浜松中納言(11C中)三「住み給ひし家などのあとかたもなくなり」
② わけがわからない。筋道が立たない。
※拾遺愚草(1216‐33頃)上「秋の夜は雲路をわくる雁がねのあとかたもなく物ぞ悲しき」
③ 根拠がない。根も葉もない。
※東寺百合文書‐は・建治二年(1276)七月一四日・阿性房静俊陳状「東山女房に無跡形申付無実て煩せ候之由被訴申候」
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)中「おかちに入婿取といふは跡かたもないこと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android