面貌(読み)めんぼう

精選版 日本国語大辞典「面貌」の解説

めん‐ぼう ‥バウ【面貌】

〘名〙
① かおかたち。かおつき。面相。めんみょう。
※太平記(14C後)一三「面(めんハウ)尋常の人に替て、長の高事一丈五尺、力は五百人が力を合せたり」 〔史記‐田儋伝〕
② ある地域の様子。
※新版大東京案内(1929)〈今和次郎〉学芸の東京「数々の大建築は、近代ゴート式の風貌で、〈略〉これまた面貌を一新した新東京の新風景である」

めん‐みょう ‥メウ【面貌】

〘名〙 (「みょう」は「貌」の呉音) =めんぼう(面貌)
※霊異記(810‐824)下「の中に人居り、面貌をみず」
※明宿集(1465頃)「如意輪観自在尊、御めんみゃうまことに衆生を嘆きへる御よそをい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「面貌」の解説

【面貌】めんぼう(ばう)

顔かたち。〔史記、田伝〕(田横)曰く、~陛下を見んと欲する以(ゆゑん)は、一たびが面貌を見んと欲するにぎざるのみ。今、陛下洛陽に在り。今、吾が頭を斬らば~形容ほ未だ能く敗れず、るべしと。自剄(じけい)す。

字通「面」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android