コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跡/痕/迹/址 アト

デジタル大辞泉の解説

あと【跡/痕/×迹/×址】

《「足(あ)所(と)」の意》
何かが通っていったしるし。「靴の―」「船の通った―」「頰(ほお)を伝う涙の―」「犯人の―を追う」
(傷には多く「痕」と書く)以前に何かが行われたしるし。痕跡。形跡。「消しゴムで消した―」「手術の―」「苦心の―が見受けられる」「水茎(みずくき)の―」
(建築物には多く「址」と書く)以前に何かが存在したしるし。「太古の海の―」「寺院の―」
家の跡目。家督。「父の―を継ぐ」
先人の手本。先例。「古人の―にならう」
足のあたり。足もと。
「太神宮の御方を、御―にせさせ給ふこと、いかが」〈徒然・一三三〉
[下接語]足跡雨跡家跡窯(かま)跡・刈り跡・傷痕靴跡城跡剃(そ)り跡爪痕(つめあと)鳥の跡波跡食(は)み跡人跡筆の跡船(ふな)跡水茎の跡焼け跡

せき【跡】[漢字項目]

常用漢字] [音]セキ(漢) シャク(呉) [訓]あと
〈セキ〉
足あと。「人跡足跡追跡
物事の行われたあとかた。「遺跡奇跡軌跡旧跡行跡形跡痕跡(こんせき)史跡事跡手跡証跡戦跡筆跡墨跡
あとめ。「名跡(みょうせき)門跡(もんぜき)
[補説]「」「」と通用。
〈あと〉「跡形跡地足跡疵跡

と【跡】

あと。足あと。「跡絶(とだ)える」「跡見(とみ)」など、複合語の形で用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

と【跡】

あと。「跡絶とだえる」「跡見とみ」など複合した形でみられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の跡/痕/迹/址の言及

【義太夫節】より

…なお,初段の口は大序と称し,18世紀半ばまでは紋下の役場であったが,以後は初心者の修業の場と変じた。また,切場のあとに短い独立場面の落合(おちあい)(跡(あと))がつくこともある。以上の各場は作曲,演奏の上でやはり区別される。…

※「跡/痕/迹/址」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

跡/痕/迹/址の関連キーワードシベチャリ川流域チャシ跡群及びアッペツチャシ跡鹿児島県南九州市知覧町西元鹿児島県薩摩川内市天辰町奈良県高市郡明日香村小山島根県松江市美保関町森山福岡県京都郡みやこ町国作宮崎県延岡市北方町槇峰福島県会津若松市追手町栃木県日光市足尾町通洞佐賀県武雄市山内町宮野長崎県対馬市厳原町久田山口県美祢市大嶺町奥分滋賀県長浜市下坂中町鹿児島県姶良市船津石川県七尾市国分町群馬県高崎市岩鼻町奈良県橿原市別所町東京都新宿区余丁町兵庫県小野市広渡町石川県七尾市古府町

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android