踏歌の豊明(読み)あらればしりのとよのあかり

精選版 日本国語大辞典「踏歌の豊明」の解説

あらればしり【踏歌】 の 豊明(とよのあかり)

(「豊明」は、朝廷で行なわれる公式の宴会のこと) 中古、あらればしりで祝う宮中の正月行事。踏歌節会(とうかのせちえ)
※公事根源(1422頃)上「踏歌の節会をば、あられはしりのとよのあかり共申にや。はあられまじりと、宣命にはよめり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android