コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とよ トヨ

デジタル大辞泉の解説

と‐よ

[連語]《格助詞「と」+間投助詞「よ」》
(多く「だとよ」の形で)他から伝え聞いた意を表す。揶揄(やゆ)する意を含むこともある。…ということだよ。…だそうな。「夜中に地震があったんだとよ
「あれは鶴賀新内の元祖の家元だ―」〈滑・浮世風呂・四〉
「と」の上の引用の内容に対して、念を押す意を表す。…ということだよ。…と思うよ。
「やよやまて山ほととぎすことづてむわれ世の中にすみわびぬ―」〈古今・夏〉
(「かとよ」の形で)不確かな断定を表す。…と思うがなあ。…だろう(か)。
「また、同じころか―、おびたたしく大地震(おほなゐ)ふること侍りき」〈方丈記
感動・詠嘆を表す。…ということよ。
「さま悪(あ)し―。さまであるべきことか」〈宇治拾遺・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とよ

( 連語 )
〔格助詞「と」に間投助詞「よ」の付いたもの〕
他から伝え聞いたという気持ちを表す。…ということだよ。…とさ。 「彼は銀行に入ったんだ-」
念を押す気持ちを添える。…とね。 「やよやまて山ほととぎす言づてむわれ世中にすみわびぬ-/古今
(「かとよ」の形で)ある事態に対する確かめの意を表す。…だろうか。…だったか。 「去んじ安元三年四月二十八日か-/方丈記」
文末にあって、確かめをこめ感動の意を表す。…だよ。…ですよ。 「その幼き者こそ、この物狂が尋ぬる子にてはさむらへ-/謡曲・隅田川」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

とよの関連キーワード木下藤吉郎(2)豊野〈町〉豊田彦次郎豊浜〈町〉東三河平野木屋川ダム豊沢ダム山名宗全豊田紹有東豊中町山内一豊豊田無関真鍋蓁斎伊達宗春羽柴秀吉丸木砂土鶴賀新内羽柴秀次豊川町豊ケ丘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とよの関連情報