公事根源(読み)くじこんげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

『公事根源抄』ともいう。朝廷年中行事を 12ヵ月に分けて,それぞれの由来を解説した書。1巻。一条兼良の撰。応永 29 (1422) 年成立。現存しない行事や,これを通しての民俗信仰をうかがいうる好史料。『日本文学全書』『新註皇学叢書』『日本古典全集』『増訂故実叢書』所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

室町時代の有職故実の書。一条兼良の作。兼良が将軍足利義量の求めに応じて書いたとも,または兼良の子どものために書いたものであるともいわれている。1422年(応永29),または翌年の成立。朝廷の公事の基本を示す儀式書であり,後醍醐天皇の《建武年中行事》を基本にし,また二条良基の《年中行事歌合》の判詞を抄出し,改題して将軍に献上したものといわれている。行事の内容を月の順序で記し,それぞれの行事の起源,沿革,特質等についてのべており,後世,盛んに利用され,注釈書も多く作られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

有職故実書。一巻または三巻。一条兼良著。1422年頃に成立か。朝廷の儀式・行事など公事について、その起源・沿革を述べたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有職故実(ゆうそくこじつ)書。1巻。正月1日の四方拝から12月のみそかの追儺(ついな)に至る一年中の宮廷行事(公事)の根源について、和文で詳細に解説したもの。著者については、江戸時代より一条兼良(かねら)説とそれを否定する説がある。それは1366年(正平21・貞治5)開催の「年中行事歌合(うたあわせ)」の判詞の後に二条良基(よしもと)がつけた説明文と本書の内容が似通っているからであるが、現在では、良基の説を孫の兼良が増補改訂して一書にまとめたと考えられている。[今江廣道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

室町中期の有職故実書。一巻。一条兼良著。応永二九年(一四二二)ごろの成立とされる。宮中の一年間の行事や公事などを月を追って述べ、起源や歴史的変遷などを中国や仏教の故事伝説を参照して考証したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

室町時代,一条兼良 (かねら) の有職故実 (ゆうそくこじつ) 書
1423年ごろ成立。朝廷の年中行事を月日の順序で記し,それぞれの起源や変遷を解説したもの。後世,有職の書として重宝され注釈書も多い。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android