コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹉跎 サダ

デジタル大辞泉の解説

さ‐だ【××跎】

[名](スル)つまずいて時機を失すること。
「嗚乎呉を沼にするの志、空く―し」〈東海散士佳人之奇遇
[形動タリ]時機を逸しているさま。不遇であるさま。
「日暮れ、塗(みち)遠し。吾が生(しゃう)すでに―たり」〈徒然・一一二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さだ【蹉跎】

( トタル ) [文] 形動タリ 
〔「蹉」 「 跎 」ともつまずく意〕
つまずくこと。また、ぐずぐずして空しく時を失うこと。 「嗚乎呉を沼にするの志空く-し/佳人之奇遇 散士
落ちぶれること。不遇なこと。また、そのさま。 「吾が生既に-たり/徒然 112
食い違っている・こと(さま)。 「万事の-たることかくのごときなる/正法眼蔵」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蹉跎の関連キーワード些・佐・作・叉・唆・嗟・嵯・左・差・査・沙・瑣・砂・磋・茶・裟・詐・蹉・鎖正法眼蔵足摺岬散士

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android