コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身体彩色 しんたいさいしょくbody pigmentation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

身体彩色
しんたいさいしょく
body pigmentation

入墨を施したり,植物や泥土で模様を顔面や身体に描く習俗身体変工の一種であるが,祭祀儀礼などのときだけ彩色する場合もある。呪術,すなわち宗教的な意味をもつ儀礼と結合していることが多い。ポリネシアニューカレドニアニュージーランドマオリ族など太平洋諸島の諸民族や,インドのアッサムのダフウ,ナーガ,アボールなどの諸民族では,おもに男性が成年式において身体に文身入墨を施す習俗がある。また南アメリカのグワナ族,カドゥベオ族,ボロロ族などでは繊細な幾何学文様,非対称形のアラベスク文様などによって顔や身体に装飾を施す。 C.レビ=ストロースによれば,これらの民族における顔面塗飾は複合的な階層社会における身分の序列を表現しているといわれ,これら美学的な象徴がもつ意味構造の分析も進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android