車いすバスケットボール(読み)くるまいすばすけっとぼーる(英語表記)wheelchair basketball

知恵蔵の解説

車いすバスケットボール

障害者スポーツの中で最も人気のある競技の1つ。1960年に日本に紹介された。選手は車いすを2回プッシュしたらドリブルをしなくてはならないが、その後また2回プッシュできる。一部を除きルール、コートの広さやゴールの高さは一般のバスケットボールと同じ。ゲーム展開の速さ、攻守のせめぎ合い、セットプレーなど見所は多い。選手には障害の程度により1点から4.5点までの持ち点が与えられる。障害の重い人ほど持ち点は少なく、コート上でプレーする5人の持ち点の合計は14点以下でなければならない。2006年度現在、国内では91チーム(うち女子6チーム)が活動している。

(藤田紀昭 日本福祉大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

車いすバスケットボール

コートの広さやゴールの高さなどは一般のバスケと同じ。ダブルドリブル反則にならず、ボールを持って車いすを3回こぐと反則(トラベリング)になる。選手は障害の重い順に1~4・5点(0・5点刻み)でクラス分けされ、チームはプレーする5人を合計14点におさまる範囲で選ばなければならない。 日本選手権は、64チームが全国10ブロックにわかれて予選を戦い、勝ち抜いた16チームが出場した。

(2016-05-07 朝日新聞 朝刊 宮城全県・1地方)

車いすバスケットボール

戦傷者など多くの障害者を生んだ第2次世界大戦後、米国や英国で始まった。日本には1960年代に紹介された。基本的なルールは健常者のバスケットボールと同じ。障害の度合いによってクラスが分かれるため、障害が重い人も軽い人も試合に出場できる。

(2017-02-05 朝日新聞 朝刊 地東北・県版スポーツ)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

車いすバスケットボールの関連情報