コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軌道爆弾 きどうばくだん

2件 の用語解説(軌道爆弾の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

軌道爆弾【きどうばくだん】

衛星爆弾

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軌道爆弾
きどうばくだん
fractional orbital bombardment system

部分軌道爆撃システムFOBS)ともいう。低い高度の衛星軌道に乗せて、地球を1周しないうちに目標地点の上空で減速して攻撃を行う。命中精度の点では弾道ミサイルに劣るが、相手の早期警報システムの盲点をつく方向から攻撃することができる。ただし、1967年の宇宙天体条約では、核兵器や他の大量破壊兵器を地球を回る軌道に乗せることは禁止されている。[服部 学]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone