コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軌道爆弾 きどうばくだん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軌道爆弾
きどうばくだん
fractional orbital bombardment system

部分軌道爆撃システム(FOBS)ともいう。低い高度の衛星軌道に乗せて、地球を1周しないうちに目標地点の上空で減速して攻撃を行う。命中精度の点では弾道ミサイルに劣るが、相手の早期警報システムの盲点をつく方向から攻撃することができる。ただし、1967年の宇宙天体条約では、核兵器や他の大量破壊兵器を地球を回る軌道に乗せることは禁止されている。[服部 学]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

軌道爆弾の関連キーワード服部

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android