コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍事心理学 ぐんじしんりがくmilitary psychology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍事心理学
ぐんじしんりがく
military psychology

軍事行動についての種々の心理学的問題を研究し,かつその応用を目指す心理学。兵員の選抜,適性,訓練に関する問題や,敵国に対する神経戦のための宣伝,文化工作,態度変容の問題などをその研究対象とする。一つの体系というよりも,感覚,知覚,学習,動機づけ,個体差,異常心理,集団力学,社会心理学など,心理学の広範な分野に関連した応用的な心理学的研究の総称。日本ではかつては戦場心理学,特に第2次世界大戦中は国防心理学の名で呼ばれたが,現在ではこれらの名称はあまり用いられない。人間工学,航空心理学もその主要な部門の一つとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android