コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍事心理学 ぐんじしんりがくmilitary psychology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍事心理学
ぐんじしんりがく
military psychology

軍事行動についての種々の心理学的問題を研究し,かつその応用を目指す心理学。兵員の選抜,適性,訓練に関する問題や,敵国に対する神経戦のための宣伝,文化工作,態度変容の問題などをその研究対象とする。一つの体系というよりも,感覚,知覚,学習,動機づけ,個体差,異常心理,集団力学,社会心理学など,心理学の広範な分野に関連した応用的な心理学的研究の総称。日本ではかつては戦場心理学,特に第2次世界大戦中は国防心理学の名で呼ばれたが,現在ではこれらの名称はあまり用いられない。人間工学,航空心理学もその主要な部門の一つとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍事心理学の関連情報