コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍縮大憲章 ぐんしゅくだいけんしょうGreat Charter of Disarmament

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍縮大憲章
ぐんしゅくだいけんしょう
Great Charter of Disarmament

1946年 12月 14日に国連総会が全会一致で採択した決議。正式名は「軍備の全般的な規制及び縮小を律する原則」 Principles Governing the General Regulation and Reduction of Armamentsであるが,総会議長の提唱によってこのように呼ぶことが承認された。決議は9項目から成り,総会は兵器と武装兵力の早期・全般的な規制と縮小の必要を認め,原子力兵器国際管理の早期確立を国連原子力委員会に促すことなど,軍縮実現のために当時として重要な項目を含むが,米ソの主張を折衷した原則表明にとどまり,実効を伴わない決議であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

軍縮大憲章の関連キーワードキング・クリムゾンマキノ雅広イタリア映画新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android