転出(読み)テンシュツ

  • こけい・ず ‥いづ
  • ころがりだ・す
  • まろびい・ず ‥いづ
  • まろび・でる

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
今までの居住地を出て他の土地に移ること。「他県へ転出する」「転出届」⇔転入
他の職場へ移ること。「子会社へ転出する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ダ下二〙 ころげ出る。ころび出る。
※随筆・孔雀楼筆記(1768)二「風呂敷づつみをひらけば、さも大なる芋魁(いもがしら)十六七、ぐらぐらとこけ出づ」
〘自サ五(四)〙
① ころがってある場所に出てくる。ころがりでる。ころげだす。
※落語・鰍沢雪の酒宴(1889)〈四代目三遊亭円生〉「スーッと凍りが離れて戸が開いた。機会(とたん)に客人は雪の中へ転(コロ)がり出して」
② ころがり始める。ころげだす。
※落語・鰍沢雪の酒宴(1889)〈四代目三遊亭円生〉「『〈略〉乃公ァ死んでも死に度無(たくね)エ』と慾張って居ます。囲炉裡の側(ふち)でコロコロ転輾(コロガ)り出しましたので」
〘名〙
① その居住地を出て、他の地方に移り住むこと。
※薄明(1946)〈太宰治〉「田舎のはうに転出しようかとも考へてゐるのですが」
② 他の職場へ転任して行くこと。
※スタンダールの小説主張(1943)〈大井広介〉「チヴィタ・ヴェッキアに転出しなければならなかった」
〘自ダ下二〙 =まろびでる(転出)
※今昔(1120頃か)二「押し開きて見れば、端厳美麗なる男子、丸び出たり」
〘自ダ下一〙 ころがり出る。ころげ出る。また、ころがるようにして出る。まろびいず。
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉前「円くあいた唇のおくからぴやぴやした声がまろびでる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android