コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転型期論争 てんけいきろんそう problem on transition period

1件 の用語解説(転型期論争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転型期論争
てんけいきろんそう
problem on transition period

日本経済に関する成長論争の一つ。これは 1959~61年のいわゆる岩戸景気における民間設備投資の著増 (年 30~40%増) を境に,設備投資が主導する第2次世界大戦後の高度成長は転機を迎え,経済成長率の鈍化と成長パターンの変化は避けがたいという見方であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

転型期論争の関連キーワード経済成長率高度成長此れは此れはCED週刊東洋経済食料経済学日本経済大典救貧法および失業者救済に関する王命委員会《動物および植物の構造と成長の一致に関する顕微鏡的研究》日本経済社

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone