コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転失気 テンシキ

デジタル大辞泉の解説

てんしき【転失気】

落語。体調のすぐれない和尚が診察に訪れた医者から「てんしき」があるかないかを聞かれる。和尚は知ったかぶりをしてその場をごまかし、あとで小僧を呼んで近所に「てんしき」を調べに行かせる。だれもが知ったかぶりをしたため、はっきりしたことを聞き出せない小僧は最後に医者を訪ね「てんしき(転失気)」とは屁(へ)のことだと聞かされる。小僧は、和尚に「てんしき」とは盃のことと偽りを伝える。医者の往診の折、宝物の盃を見てもらおうと小僧に「てんしき」を持ってくるように命じた和尚がとんちんかんなやりとりの末、真相を知るというもの。
から転じて》屁のこと。おなら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

転失気(てんしき)

古典落語の演目のひとつ。代表的な前座話のひとつ。三代目三遊亭金馬が得意とした。オチは間抜オチ。主な登場人物は、和尚小坊主。「てんしき」とはおならのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

てんしき【転失気】

落語の一。医者から転失気の有無を聞かれた和尚が、その意を解せず、小僧にたずねに行かせる。屁の意と知った小僧は偽って和尚に盃と告げ、それを信じた和尚の失敗譚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

転失気の関連キーワード古典落語小僧医者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転失気の関連情報