コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転失気 テンシキ

3件 の用語解説(転失気の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんしき【転失気】

落語。体調のすぐれない和尚が診察に訪れた医者から「てんしき」があるかないかを聞かれる。和尚は知ったかぶりをしてその場をごまかし、あとで小僧を呼んで近所に「てんしき」を調べに行かせる。だれもが知ったかぶりをしたため、はっきりしたことを聞き出せない小僧は最後に医者を訪ね「てんしき(転失気)」とは屁(へ)のことだと聞かされる。小僧は、和尚に「てんしき」とは盃のことと偽りを伝える。医者の往診の折、宝物の盃を見てもらおうと小僧に「てんしき」を持ってくるように命じた和尚がとんちんかんなやりとりの末、真相を知るというもの。
から転じて》屁のこと。おなら

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんしき【転失気】

落語の一。医者から転失気の有無を聞かれた和尚が、その意を解せず、小僧にたずねに行かせる。屁の意と知った小僧は偽って和尚に盃と告げ、それを信じた和尚の失敗譚。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

転失気の関連情報