転進(読み)テンシン

デジタル大辞泉の解説

てん‐しん【転進】

[名](スル)
方向を変えて進むこと。進路を変えること。「航路を北西へ転進する」
軍隊が、戦場または守備地から他へ移動すること。第二次大戦中「退却」のを嫌い、代わりにこの語を用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんしん【転進】

( 名 ) スル
進む方向を変えること。 「南方へ-する」 〔同音語の「転身」は身分・職業・主義・生活態度などをすっかり変えることであるが、それに対して「転進」は進む方向を変えることをいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐しん【転進】

〘名〙 方向を変えて進むこと。他の目的地に進むこと。太平洋戦争中の旧軍隊では、実情が作戦失敗による退却であるときにも、「退却」の語を避けてそのかわりに用いた。
※和漢三才図会(1712)三三「輪(わ) 〈略〉輪車脚所以転進者也」
※肉体の悪魔(1946)〈田村泰次郎〉「洛陽を攻撃し、作戦が終ると、沖縄に転進した」

てん‐じん【転進】

〘名〙 ⇒てんじん(天神)(一)⑤

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

転進の関連情報