転進(読み)てんしん

精選版 日本国語大辞典「転進」の解説

てん‐しん【転進】

〘名〙 方向を変えて進むこと。他の目的地に進むこと。太平洋戦争中の旧軍隊では、実情が作戦失敗による退却であるときにも、「退却」の語を避けてそのかわりに用いた。
※和漢三才図会(1712)三三「輪(わ) 〈略〉輪車脚所以転進者也」
※肉体の悪魔(1946)〈田村泰次郎〉「洛陽を攻撃し、作戦が終ると、沖縄に転進した」

てん‐じん【転進】

〘名〙 ⇒てんじん(天神)(一)⑤

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「転進」の解説

てん‐しん【転進】

[名](スル)
方向を変えて進むこと。進路を変えること。「航路を北西へ転進する」
軍隊が、戦場または守備地から他へ移動すること。第二次大戦中「退却」の語を嫌い、代わりにこの語を用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android