転進(読み)てんしん

精選版 日本国語大辞典「転進」の解説

てん‐しん【転進】

〙 方向を変えて進むこと。他の目的地に進むこと。太平洋戦争中の旧軍隊では、実情が作戦失敗による退却であるときにも、「退却」の語を避けてそのかわりに用いた。
※和漢三才図会(1712)三三「輪(わ) 〈略〉輪車脚所以転進者也」
※肉体の悪魔(1946)〈田村泰次郎〉「洛陽を攻撃し、作戦が終ると、沖縄に転進した」

てん‐じん【転進】

〘名〙 ⇒てんじん(天神)(一)⑤

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「転進」の解説

てん‐しん【転進】

[名](スル)
方向を変えて進むこと。進路を変えること。「航路北西転進する」
軍隊が、戦場または守備地から他へ移動すること。第二次大戦中「退却」の語を嫌い、代わりにこの語を用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android