転進(読み)てんしん

精選版 日本国語大辞典 「転進」の意味・読み・例文・類語

てん‐しん【転進】

〘名〙 方向を変えて進むこと。他の目的地に進むこと。太平洋戦争中の旧軍隊では、実情作戦失敗による退却であるときにも、「退却」の語を避けてそのかわりに用いた。
和漢三才図会(1712)三三「輪(わ) 〈略〉輪車脚所以転進者也」
肉体悪魔(1946)〈田村泰次郎〉「洛陽を攻撃し、作戦が終ると、沖縄に転進した」

てん‐じん【転進】

〘名〙 ⇒てんじん(天神)(一)⑤

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「転進」の意味・読み・例文・類語

てん‐しん【転進】

[名](スル)
方向を変えて進むこと。進路を変えること。「航路北西転進する」
軍隊が、戦場または守備地から他へ移動すること。第二次大戦中「退却」の語を嫌い、代わりにこの語を用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android