コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽大娘皇女 かるのおおいらつめのひめみこ

朝日日本歴史人物事典の解説

軽大娘皇女

生年:生没年不詳
5世紀中ごろ,允恭天皇と皇后忍坂大中姫の皇女。『古事記』では軽大郎女のまたの名を衣通郎女とするが,『日本書紀』では衣通郎女は母の妹とあり,これの誤伝らしい。同母兄の木梨軽皇子と通じて近親相姦に陥り,発覚して処罰を受けた。『日本書紀』では,軽大娘のみ伊予(愛媛県)に流され,人望を失った皇子は反乱を起こして自殺したという。『古事記』では,皇子が反乱を試みて捕らえられ,伊予の道後温泉に流されると,軽大娘はあとを追い,共に自殺したという。『古事記』『日本書紀』にはふたりの歌が多く載せられている。当時,兄妹の近親相姦は母を同じくし,同じ家で育った男女間のものをいったことがわかる。

(明石一紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android