コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽部烏頭子 かるべ うとうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

軽部烏頭子 かるべ-うとうし

1891-1963 昭和時代の俳人。
明治24年3月7日生まれ。「ホトトギス」に投句をつづけ,昭和6年水原秋桜子(しゅうおうし)が「馬酔木(あしび)」を創刊するとき筆頭同人となった。茨城県土浦市の内科医。昭和38年9月20日死去。72歳。茨城県出身。東京帝大卒。本名は久喜(くき)。句集に「灯虫(ひむし)」など。
【格言など】初雁のまぎれなかりし夜の雨(土浦の句碑)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

軽部烏頭子の関連キーワード馬酔木

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android