コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土浦市 つちうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土浦〔市〕
つちうら

茨城県南部,霞ヶ浦の西岸にある市。 1940年市制。 1948年津和村,朝日村それぞれの一部,1954年上大津村,2006年新治村を編入。江戸時代水戸街道の宿場町,霞ヶ浦水運の港町,城下町として栄えた。第2次世界大戦中は海軍航空隊の諸施設が置かれ,軍都の性格を強めた。戦後は県南の商業の中心地として発展。食品,繊維,機械,セメントなどの工場が進出し,北東部には土浦千代田工業団地が造成されている。レンコン,花卉の栽培が盛んで,北西部では果樹栽培が行なわれる。東京の通勤圏内に位置し,都市化が著しい。水郷筑波国定公園の玄関口。桜祭と花火大会は有名。国の史跡に上高津貝塚,国の重要文化財に旧茨城県立土浦中学校本館,等覚寺と般若寺の銅鐘,常福寺の木造薬師如来坐像,法雲寺の絹本著色復庵和尚像などがある。 JR常磐線,国道6号線,125号線,354号線が通り,常磐自動車道インターチェンジがある。面積 122.89km2。人口 14万804(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つちうら‐し【土浦市】

土浦

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

土浦市の関連キーワード633美の里いの(町)吾北自民党総裁選愛知名港花き地方卸売市場(仮称)インドの自動車市場ホスピスアジア太平洋インポートマート(AIM)モナクカバキチ契約金の最高標準額

土浦市の関連情報