コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸液の副作用 ゆえきのふくさよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸液の副作用
ゆえきのふくさよう

1960年代後半から,経腸栄養剤,経静脈栄養剤など高カロリー輸液による栄養投与が行われるようになり,ヒトの1日分の必要栄養を十分に補給することが可能になり,低栄養に起因する感染症などにかかる件数は激減した。しかし,これら高カロリー輸液の投与によって血液が酸性化し,アシドーシスを起し,感染症や腎不全などにかかる例が報告されている。 86年から 91年までの期間に 15件の死亡例があり,輸液の使用には医師の十分な管理が求められる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

輸液の副作用の関連キーワード新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android