コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農地・水・環境保全向上対策 のうちみずかんきょうほぜんこうじょうたいさく

1件 の用語解説(農地・水・環境保全向上対策の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

農地・水・環境保全向上対策

品目横断的経営安定対策、米政策改革推進対策とともに「経営所得安定対策等大綱」(2005年10月)に盛り込まれた農政改革の1分野で、07年4月から具体的な事業が始まった。農地、水、環境といった農村地域資源の保全と質的向上を目的とする地域共同活動に必要な費用を国と地方自治体が支援する。体制要件と活動要件を満たす必要がある。体制要件として、活動組織が農業者だけでなく、広範な地域住民、自治会、学校、NPO法人など幅広いメンバーから構成されていること、市町村との間で協定を締結していること、活動要件として、国の定める「地域活動指針」のうち、「基礎部分」の全項目と「誘導部分」項目の一定割合を実施することが定められている。非農業者を含む広範な人々や組織が農村地域資源の保全・向上活動に参加することが特徴。共同活動の支援を受ける地域が、環境保全型農業に取り組むと先進的営農支援を追加的に受けることができる。ただし、地域内生産者の5割以上が取り組んでいるか、作物栽培面積の2割以上が環境保全型農業で、かつ生産者の3割以上が取り組んでいるか、どちらかの基準を満たすこと、及び地域内の農業者全体が堆肥(たいひ)散布などの環境負荷低減に取り組むこと、の2点が条件として必要。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農地・水・環境保全向上対策の関連キーワード品目横断的経営安定対策コメ政策改革大綱米政策改革大綱大豆作経営安定対策担い手経営安定対策品目横断的政策参院選に向けた自民党と民主党の農業に関する公約新農業制度農業経営の大規模化担い手農家

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農地・水・環境保全向上対策の関連情報