コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業工学 のうぎょうこうがくagricultural engineering

世界大百科事典 第2版の解説

のうぎょうこうがく【農業工学 agricultural engineering】

農業の生産性を高め,農家の生活を豊かにすることを目的としている農業にかかわる工学全般をいう。通常,農業土木を主体とし,農業用の動力源・作業機・伝動装置(農業機械),農業用の建築,農業用電力,農業施設などのほか,農業気象農村計画,生物環境制御などの知識を総合した応用的学問である。国際的には国際農業工学委員会International Commission of Agricultural Engineeringが1980年に設立され,非政府間国際団体として,農業土木,農業施設,農業機械,農業電化,農作業管理に関する科学技術の向上をめざしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

農業工学の関連キーワード農業食品産業技術総合研究機構フィリップ パスカル上野英三郎農業試験場ポルタバ土木工学丸山利輔文化勲章

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農業工学の関連情報