コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業工学 のうぎょうこうがく agricultural engineering

1件 の用語解説(農業工学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のうぎょうこうがく【農業工学 agricultural engineering】

農業の生産性を高め,農家の生活を豊かにすることを目的としている農業にかかわる工学全般をいう。通常,農業土木を主体とし,農業用の動力源・作業機・伝動装置(農業機械),農業用の建築,農業用電力,農業施設などのほか,農業気象農村計画,生物環境制御などの知識を総合した応用的学問である。国際的には国際農業工学委員会International Commission of Agricultural Engineeringが1980年に設立され,非政府間国際団体として,農業土木,農業施設,農業機械,農業電化,農作業管理に関する科学技術の向上をめざしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

農業工学の関連キーワード迂回生産全農機械化厚生農産森の生活利用厚生個人保障販売生産性農業の交易条件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農業工学の関連情報