コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝動装置(読み)デンドウソウチ

百科事典マイペディアの解説

伝動装置【でんどうそうち】

ある回転軸の動力を他の軸に伝達する装置の総称。歯車を用いる歯車伝動装置,ベルト,チェーンなどによる巻掛伝動装置,摩擦車による摩擦伝動装置など機械式のものや,流体式,電気式など多種ある。動力を他の場所で働かせること,トルクまたは回転速度を変えることなどを目的とし,後者の場合には変速装置減速装置などと一致する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんどうそうち【伝動装置 power transmission device】

動力伝達装置ともいう。例えば自動車では,エンジンと車輪との間に変速装置,伝動軸差動歯車から成り立っている伝動装置を配置して動力の伝達を行っている。狭い意味では,この例のように自動車,鉄道車両,あるいは船舶など交通機械の動力源から,車輪,プロペラなどの駆動部へ動力を伝達するために配置される装置をいうが,広い意味では,一般に動力源から作業機械,あるいは作業部へ動力を伝達するために用いられる装置を含める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報