農村計画(読み)のうそんけいかく(英語表記)rural community planning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農村民が村を生活共同体であるとの自覚から生産や生活の向上をはかることを目指して,土地や水の利用計画を立て,生産,交通,教育文化,福利厚生などの施設建設を総合的に計画すること。日本では江戸時代末期に二宮尊徳によって唱えられた。 19世紀末前田正名の提唱になる「村是設定運動」もその一つ。今日では,農村計画は国土計画都市計画の一部として,それに従属した形で行われるようになった。 10年にわたる長期計画として土地利用計画,健全農家育成計画,農業計画,生活改善計画などを立てた新農村建設計画 (1956) もその一環。国際的にはインドの灌漑事業など古くから農村計画があったが,1950年代に入って国際連合を中心に発展途上国の農村開発計画が進められ,コミュニティー・ディベロップメント方法が擁立されてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

一定の農村地域の住民所得と生活の安定的向上を目標として,地域の社会経済的・物的諸条件の改善・整備を図る計画をいう。農村計画の内容は大きく分けて,農林業を中心とし商工業などを含めた産業振興のための経済計画,集落その他の社会組織のあり方についての社会計画,生産関連および生活関連の物的諸施設(生産,交通,教育,文化,福利厚生などの公共施設と集落の住宅など)の整備計画,そしてこれらの計画を一定の地域空間に配置する空間計画(土地利用計画)の四つがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農村計画の関連情報