コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業土木 のうぎょうどぼく

世界大百科事典 第2版の解説

のうぎょうどぼく【農業土木】

農業の土地および労働の生産性を高め,農用地保全上の能力を高めるための土木をいう。すなわち,土木的手段を用いて既耕地および未耕地の土地の利用価値を永続的に高めるもので,開墾,干拓,灌漑,排水,床締め客土などの土層改良などの土地改良を一括している。農業用水の開発・保全,農地の開発・改良・保全,農村整備など対象とする範囲は広く,農業土木事業は有史以来行われ続けてきた。大学に農業土木学の講座が設けられたのは,1876年にドイツのボン大学におけるものが最初で,創始者はドゥンケルベルクF.W.Dünkelbergである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農業土木
のうぎょうどぼく

狭義には、文字どおり農業における土木をさす。そのおもな内容は、伝統的には灌漑(かんがい)排水の開発と改良、農地の開発と改良(干拓を含めて)である。これらは農耕文化の形成とともに生まれ、長い歴史のなかで蓄積されてきた技術の体系で、とくに灌漑排水が国土利用上必須(ひっす)な国において発展してきた。
 現代の農業土木は、これを継承しつつ、同時に領域を著しく拡大している。たとえば、水資源の多目的な開発と利用、土地の多目的な整備と利用も取り上げるとともに、現代農業の基本的課題である農業の機械化、施設化、システム化に対応して農業基盤の総合的整備を対象とする。さらに、現代農村が課題としつつある農村の総合的整備も新たな対象として、農村が都市、工業との混住化を進めつつあることを背景にして、農村と都市の調和的発展を図る総合地域工学を自らの性格としつつある。
 かつての農業土木は、世界的にみて科学技術の近代的編成の時期において、土木工学または農学の一分科とされる場合もあった。ヨーロッパ地域のように灌漑排水にあまり関心を向けてこなかった国々においては、ほぼそのように扱われたといってよい。そのヨーロッパが近代化の先駆者になったという世界史的事情のために、農業土木が世界的に独自の技術体系として成長発展することは遅れたといってよい。しかし、伝統的に灌漑排水を国土利用の基盤とするアジアの国々が近代化を進めるようになるとともに、農業土木の独自的体系が教育制度のなかにも、公共の専門技術職制度のなかにも取り入れられ、急成長するようになった。とくに日本では他国に例をみない勢いで農業土木の独自的体系が成長発展し、日本の農業土木という独自の体系を築き上げ、大きな学会の一つに数えられるまでになった。現在、日本の農業土木に近い技術体系が東南アジア諸国で形成されつつある。[志村博康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

農業土木の関連キーワード岡山県岡山市南区溝口三郎(1)農業農村工学会八郎潟干拓地秋葉 満寿次山口 忠五郎木曽川(川)溝口 三郎野沢 重雄小林 国司農業試験場日本農学会石川 武男前川 忠夫秋葉満寿次上野英三郎古照遺跡太洋興業ワイル病地方財政

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農業土木の関連情報