コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辺・方

大辞林 第三版の解説

へ【辺・方】

[1] ( 名 )
〔濁音化して「べ」とも〕
ほとり。あたり。 「大君の-にこそ死なめ顧みはせじと言立て/万葉集 4094
海辺。海の岸に近い所。沖に対していう。 「沖辺行き-に行き今や妹がため/万葉集 625
( 接尾 )
〔普通「え」と発音され、また、濁音化して「べ」ともなる〕 ⇒ べ(接尾)え(接尾)

べ【辺・方】

( 接尾 )
〔名詞「へ(辺・方)」から〕
名詞に付いて、そのあたり、そのそば、そのへん、また、その頃などの意を表す。 「海-」 「水-」 「春-」 「夕-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

辺・方の関連キーワード万葉集名詞