辻惟雄(読み)つじ のぶお

  • 辻惟雄 つじ-のぶお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1932- 昭和後期-平成時代の美術史家。
昭和7年6月22日生まれ。東京国立文化財研究所技官をへて,昭和50年東北大教授,56年東大教授。千葉市美術館館長をへて,平成11年多摩美大学長。のちにMIHO MUSEUM館長。伊藤若冲(じゃくちゅう),岩佐又兵衛など,異端画家に注目し,独自の視点から日本中世・近世絵画史を研究する。愛知県出身。東大卒。著作に「奇想系譜」「日本美術の表情」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辻惟雄の関連情報