奇想(読み)きそう(英語表記)conceit

翻訳|conceit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「奇想」の解説

奇想
きそう
conceit

文学における修辞法の一つ。常識では結びつかない2つ以上のものの間に共通性を見出し,それらを強引に結びつけるもので,大がかりな比喩の形をとることが多い。 16~17世紀のバロック文学,特にイギリス形而上詩人の作にしばしばみられる。 J.ダンのみ』において,語り手とその恋人の血を吸ったのみを,2人が合体する婚姻にたとえているのはその一例。フランス象徴派によって復活され,20世紀の T.S.エリオット,パウンドらの作品には凝縮された形の想が多くみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「奇想」の解説

き‐そう ‥サウ【奇想】

〙 普通では思いつかない考え。奇抜な思いつき。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「一大奇想(キソウ)の糸を繰りて巧みに人間の情を織なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android