コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤若冲 いとう じゃくちゅう

10件 の用語解説(伊藤若冲の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

伊藤若冲

江戸中・後期の画家。京都生。名は汝釣、字は景和、別号に斗米庵・米斗翁等。初め狩野派、のち宋・元・明画や尾形光琳を研究し、独特の画風を創り出す。特に「若冲の鶏」と言われるほど鶏の画を得意とした。寛政12年(1800)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

伊藤若冲

江戸中期の京都で活躍した絵師。京都・錦小路高倉の青物問屋の長男に生まれた。15歳ごろから絵を学び、40歳で専念。動植物を細密かつ鮮やかに描くなどして当時の京都では円山応挙と並び称された。1970年ごろから再評価が進み、2000年の京都国立博物館での大規模展を機に広く知られるようになった。

(2016-06-23 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いとう‐じゃくちゅう【伊藤若冲】

[1716~1800]江戸中期の画家。京都の人。名は汝鈞(じょきん)、字(あざな)は景和。若冲のほか、斗米庵の号がある。初め狩野派光琳派および中国の名画に学び、写実的描写と特異な形態・色彩感覚による斬新な花鳥画を描いた。特に鶏の絵は有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊藤若冲【いとうじゃくちゅう】

江戸中期の画家。名は汝鈞(じょきん),斗米庵(とべいあん)と号する。京都錦小路の青物問屋の生れ。狩野派,宋・元・明画を学び,さらに対象の実写に努め,光琳の装飾画風をもとり入れて独特の画風を完成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤若冲 いとう-じゃくちゅう

1716-1800 江戸時代中期-後期の画家。
正徳(しょうとく)6年2月8日生まれ。はじめ狩野(かのう)派をまなぶ。宋(そう),元(げん),明(みん)の中国画や尾形光琳(こうりん)の画風を研究し,写実性を基調に装飾性をくわえた独自の境地をひらく。花鳥画,とくに鶏(にわとり)図を得意とした。寛政12年9月10日死去。85歳。京都出身。名は春教,汝鈞(じょきん)。字(あざな)は景和。別号に斗米庵。作品に「動植綵絵(さいえ)」「群鶏図」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤若冲

没年:寛政12.9.10(1800.10.27)
生年:享保1.2.8(1716.3.1)
江戸中期の画家。名は汝鈞。字は景和。斗米庵,米斗翁とも号す。京都錦小路の青物問屋の長男として生まれたが,絵画と禅に傾倒し,「若冲」の居士(在家の仏道修行者)号を得たのち,40歳で家業を弟に譲って画業に専念した。最初に学んだ狩野派の画法に飽き足りず,京都の古寺に伝わる宋,元,明の中国画を模写した果てに,実物写生を絶対視するに至ったらしい。その背景には,本草学の流行にみられるような時代の実証主義精神の高まりがあるが,実際の作品には,当時長崎経由で流行した沈南蘋の細密な花鳥画や黄檗宗関係の水墨画などの影響も大きく,むしろ既成の形態をデフォルメすることで幻想的,表現的な作品を生んだ点が高く評価される。40歳代の約10年を費やして完成し,「釈迦三尊像」3幅とともに相国寺に寄進した「動植綵絵」30幅(1889年に皇室に献納)がその特色をよく示す濃彩花鳥画の代表作であり,「仙人掌群鶏図襖」(1790,大阪西福寺蔵)も,金箔を貼りつめた画面に形態を誇張した鶏とサボテンを巧みに配置する傑作である。梅荘顕常と親交があったほか,売茶翁や黄檗僧たちとも交わり,信仰の念は生涯厚かった。独身を通し,晩年は深草の石峰寺に隠棲した。鹿苑寺(金閣寺)大書院の障壁画(1759)や「野菜涅槃図」(京都国立博物館蔵)などの水墨画,釈迦の一代記を表す石峰寺の石像群には,彼の信仰心と飄逸な造形感覚との絶妙な調和がみられる。拓本に似た特殊な木版画技法も黄檗宗を通じて習得,考案したものであろう。<参考文献>辻惟雄『若冲』

(佐藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いとうじゃくちゅう【伊藤若冲】

1716‐1800(享保1‐寛政12)
江戸中期京都画壇を代表する画家の一人。名は汝鈞(じよきん),字は景和。若冲のほか,斗米庵,米斗翁の号がある。京都錦小路の青物問屋の長男に生まれ,家業のかたわら,狩野派に学ぶが,その粉本主義に不満をもち,宋・元画に直接近づいた。40歳で家業を弟に譲り,生涯妻子を持たず絵画制作に専心,濃彩の花鳥画と水墨画に異色の画風を作りあげた。この時代には,本草学の流行にみられる実証主義的な風潮を背景に,円山応挙のような写生主義を唱える画家が生まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いとうじゃくちゅう【伊藤若冲】

1716?~1800) 江戸中期の画家。京都の人。狩野派・琳派を学び、中国明清画の筆意をくわえて動植物画に独自の画境を開く。とくに鶏の画をよくした。代表作「花鳥魚貝図三十幅」「群鶏図」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤若冲
いとうじゃくちゅう

[生]正徳6(1716).2.8. 京都
[没]寛政12(1800).9.10. 京都
江戸時代中期の画家。京都錦小路の青物問屋,桝屋源左衛門の長男。名は汝鈞,字は景和,号は斗米庵,米斗翁など。若冲は居士号で,彼が崇敬した相国寺の大典禅師が命名。生来俗事には関心を示さず,40歳のとき家業を次弟に譲り,生涯独身で画事に熱中。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊藤若冲
いとうじゃくちゅう
(1716―1800)

江戸中・後期の画家。京都・高倉錦(にしき)小路の青物問屋「桝源(ますげん)」の長男として生まれる。本名源左衛門、名は汝鈞(じょきん)、字(あざな)は景和、若冲居士のほか、斗米庵(とべいあん)、米斗翁(べいとおう)と号した。幼少のころから絵を好み、初め狩野(かのう)派の画家(一説に大岡春卜(しゅんぼく))に学び、春教と名のったと伝える。やがて中国宋(そう)・元(げん)・明(みん)の花鳥画を数多く模写してその写実力に感嘆、また日本の琳派(りんぱ)に装飾画の本質をうかがうなど、和漢の絵画伝統の研鑽(けんさん)を重ねた。その結果、即物写生の重要性を認識し、身近な動植物の写生に努めて、迫真的なあまりに一種幻想的ですらある独得の花鳥画の世界を創造してみせた。とくに鶏の絵を得意とし、米1斗の代でだれにも気軽に描き与えたという。代表作に『動植綵絵(どうしょくさいえ)』30幅(宮内庁)、『仙人掌群鶏図襖絵(さぼてんぐんけいずふすまえ)』(豊中(とよなか)市・西福寺)がある。[小林 忠]
『辻惟雄著『若冲』(1974・美術出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤若冲の関連キーワード徳力善水林信春長谷川常時長谷川常宇長谷川鶴洲平蕉斎吉村周南牧菴狩野令信斎藤抱山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊藤若冲の関連情報