コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩佐又兵衛 いわさ またべえ

8件 の用語解説(岩佐又兵衛の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岩佐又兵衛

江戸前期の画家。織田信長の臣荒木摂津守村重の子。名は勝以、号は道薀、碧勝宮。寛永年間福井興宗寺に滞在し福井侯松平忠昌に仕え、のち将軍家光に招かれて江戸に上った。人物画・風俗画に巧みで歌仙図・武者絵等の制作が多い。その画風は土佐派・狩野派・雲谷派・海北派等諸流の風が混じった新鮮な又兵衛風というべきもので、後にくる風俗画家に強い刺激を与え、江戸浮世絵に先行する関東新風俗画を開拓した。慶安3年(1650)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いわさ‐またべえ〔いはさまたべヱ〕【岩佐又兵衛】

[1578~1650]江戸初期の画家。戦国の武将荒木村重の末子。字(あざな)は勝以(かつもち)。又兵衛は通称。初め福井に住み、晩年を江戸で過ごした。土佐派雲谷(うんこく)派など和漢の画法を学び、人物画などに独自の画風を展開した。浮世又兵衛ともよばれ、浮世絵の創始者とする説もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岩佐又兵衛【いわさまたべえ】

江戸初期の画家。名は勝以(かつもち)。伊丹城主荒木村重の末子。2歳のとき一族は織田信長に滅ぼされたが,又兵衛は救出され母方の岩佐姓を名乗って京都で成長。織田信雄(のぶかつ)の小姓を務めながら画才を伸ばす。
→関連項目英一蝶福井県立美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩佐又兵衛 いわさ-またべえ

1578-1650 織豊-江戸時代前期の画家。
天正(てんしょう)6年生まれ。荒木村重の子。母方の姓岩佐を名のり,のち越前(えちぜん)(福井県)北庄(きたのしょう)藩主松平忠直(ただなお)・忠昌(ただまさ)につかえる。寛永14年将軍徳川家光にまねかれ,江戸にうつる。土佐派,狩野(かのう)派などの影響をうけつつ独自な画風をひらく。浮世絵の名人として,浮世又兵衛ともよばれた。署名作品に「三十六歌仙図」「人麿・貫之像」など。ほかに「山中常盤(やまなかときわ)絵巻」などの濃彩絵巻群や風俗図が又兵衛とその工房の作とみなされている。慶安3年6月22日死去。73歳。名は勝以。号は道蘊,碧勝宮。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いわさまたべえ【岩佐又兵衛】

1578‐1650(天正6‐慶安3)
江戸初期の画家。字は勝以(かつもち),又兵衛は通称。伊丹城主荒木村重の子と伝えられる。村重が織田信長に反逆し,その一族は処刑されたが,彼は難を逃れ,京都本願寺に隠れて母方の姓を名のり,京で成長したという。在京時代は織田信雄(のぶかつ)に仕えたともいい,また二条家に出入りした形跡がある。1615年(元和1)ころに越前北ノ庄(現,福井市)へ下り,松平忠直,忠昌の恩顧を受け,工房を擁して本格的な絵画制作を行ったと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いわさまたべえ【岩佐又兵衛】

1578~1650) 江戸初期の画家。本名は勝以かつもち。荒木村重の子。土佐派・狩野派などに学び独自の画風による風俗画で一世を風靡ふうび。俗に浮世絵の始祖といわれる。代表作、川越喜多院東照宮の「三十六歌仙額」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

岩佐又兵衛

江戸時代初期の絵師。又兵衛は通称で、本名は勝以(かつもち)。1578(天正6)年に戦国武将の荒木村重の子として摂津・有岡城(現兵庫県伊丹市)で生まれた。翌79(同7)年、村重が主君・織田信長に謀反を起こして失敗し、 一族の多くが処刑されたが、又兵衛は落城間際に救出され、石山本願寺にかくまわれた。その後は母方の姓「岩佐」を名乗り、信長の息子織田信雄に近習小姓役として仕えたという。文芸や画業などの諸芸をもって主君に仕える御伽衆のような存在だったとされている。40歳くらいの時、越前福井藩に招かれて福井へ移住し、20年あまりをこの地で過ごし、60歳くらいの時に3代将軍徳川家光の娘・千代姫が尾張徳川家に嫁ぐ際の婚礼調度制作を命じられ、江戸に移り住んだ。多くの名作を残し1650(慶安3)年に江戸で没している。卓越した技巧と独特の妖しさで、大和絵から漢画、人物から動物まで、あらゆる絵画に通じていた。主な作品は「山中常盤物語絵巻」「上瑠璃物語絵巻」「旧金谷屏風」「三十六歌仙図」「洛中洛外図屏風」などがある。2014年放映のNHK大河ドラマ「軍師勘兵衛」の中にも登場し、その人物について話題となった。

(2014-8-20)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩佐又兵衛
いわさまたべえ
(1578―1650)

江戸初期の画家。摂津国伊丹(いたみ)城主荒木村重(むらしげ)の子。名は勝以(かつもち)、通称又兵衛、道蘊(どううん)、碧勝宮(へきしょうぐう)と号した。2歳のときに父は織田信長に敗れ、母は六条河原で処刑された。又兵衛はからくも乳母(うば)に救われ、京都で育った。家門の再興をあきらめて母方の姓といわれる岩佐に改姓、師承関係は明らかでないが、画家として身をたてることになる。元和(げんな)年間(1615~24)の初めごろ越前(えちぜん)福井(北之庄(きたのしょう))に移って藩主松平忠直(ただなお)の厚遇を受け、皮肉な風刺を利かせた和漢の人物画(東京国立博物館ほかの『旧金谷屏風(かなやびょうぶ)』や熱海(あたみ)・MOA美術館の『人麿(ひとまろ)、貫之(つらゆき)像』など)や極彩色の古浄瑠璃(こじょうるり)絵巻(MOA美術館の『山中常盤(ときわ)物語絵巻』と『浄瑠璃絵巻』など)に個性的な作風を展開させた。1637年(寛永14)、妻子を残して福井をたち、江戸へ出て川越東照宮の『三十六歌仙額』(1640)などを制作、そのまま江戸で没した。「長頬豊頤(ちょうきょうほうい)」の特徴をもつ豊満な美人画像の典型を生み、時様の風俗画にも新風を開いて、世に「浮世又兵衛」とうわさされる。菱川師宣(ひしかわもろのぶ)に始まる浮世絵の様式的素地を準備し、英一蝶(はなぶさいっちょう)にも影響を与えた。子の勝重(?―1673)は、父が江戸へ出てのちも福井にとどまり、松平藩の御用絵師として活躍した。[小林 忠]
『辻惟雄著『日本美術絵画全集13 岩佐又兵衛』(1980・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩佐又兵衛の関連キーワード荒井千春奥村吉兵衛兵衛の陣風神雷神図釜屋又兵衛住田又兵衛(初代)住田又兵衛(4代)高田吉近辻村茂兵衛萩野又一

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩佐又兵衛の関連情報