コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻永 つじ ひさし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻永 つじ-ひさし

1884-1974 明治-昭和時代の洋画家。
明治17年2月20日生まれ。43年文展で「飼はれた山羊」が褒状(ほうじょう)をうけ,山羊の画家として知られる。帝展,日展などの審査員をつとめ,昭和33年日展理事長。34年文化功労者。昭和49年7月23日死去。90歳。広島県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。代表作に「椿(つばき)と仔山羊」。著作に「万花譜」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辻永
つじひさし
(1884―1974)

洋画家。広島市生まれ。東京美術学校在学中から白馬(はくば)会に出品し、1906年(明治39)同校を卒業。10年文展出品の『飼われたる山羊(やぎ)』により褒状、以後受賞を重ねる。18年(大正7)光風会会員となり、20年渡欧。帝展、新文展、日展の審査員を務める。47年(昭和22)日本芸術院会員、58年には社団法人日展の初代理事長となり、翌年文化功労者に選ばれる。明るい彩調の風景画が多い。[小倉忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

辻永の関連キーワード山喜多 二郎太笠間日動美術館増村 益城大沢 海蔵阪倉 宜暢鬼頭鍋三郎五十川昌安昭和時代増村益城清原啓一大沢海蔵明治

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android