コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻維岳 つじ いがく

3件 の用語解説(辻維岳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻維岳 つじ-いがく

1823-1894 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政6年7月4日生まれ。安芸(あき)広島藩の執政。慶応3年藩を代表して鹿児島,萩(はぎ),高知藩との折衝にあたり大政奉還を推進,ついで王政復古の実現に貢献した。新政府の内国事務局判事などをへて明治23年元老院議官,男爵となった。明治27年1月3日死去。72歳。通称は勘三郎,将曹。号は僊風。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

辻維岳

没年:明治27.1.4(1894)
生年:文政6.7(1823)
幕末の安芸藩(広島県)藩士,明治政府の官僚。通称は将曹。嘉永6(1853)年のペリー来航直後に改革派を結成,文久2(1862)年,年寄役(執政職)に登用され藩政改革を推進。元治1(1864)年の第1次長州征討では幕長間の周旋に当たる。第2次長州征討に反対し慶応2(1866)年5月幕命により謹慎に処せられるが,ほどなく解除された。翌3年6月上洛,その意見に共鳴し後藤象二郎に次ぐ大政奉還運動の担い手となり,藩内の武力討幕論を抑え,10月6日大政奉還を勧告する建白書を提出。だが運動は挫折,王政復古で誕生の新政府では参与,次いで大津県知事などを歴任。明治13(1880)年同進社を設立し,旧藩士族の授産に当たる。同23年元老院議官,麝香間祗候。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辻維岳
つじいがく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

辻維岳の関連キーワード高崎正風高崎五六佐賀の乱岡田俊太郎小田貫一木原適処小林金五兵衛小林柔吉下田収蔵野村帯刀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone