コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻維岳 つじ いがく

3件 の用語解説(辻維岳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻維岳 つじ-いがく

1823-1894 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政6年7月4日生まれ。安芸(あき)広島藩の執政。慶応3年藩を代表して鹿児島,萩(はぎ),高知藩との折衝にあたり大政奉還を推進,ついで王政復古の実現に貢献した。新政府の内国事務局判事などをへて明治23年元老院議官,男爵となった。明治27年1月3日死去。72歳。通称は勘三郎,将曹。号は僊風。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

辻維岳

没年:明治27.1.4(1894)
生年:文政6.7(1823)
幕末の安芸藩(広島県)藩士,明治政府の官僚。通称は将曹。嘉永6(1853)年のペリー来航直後に改革派を結成,文久2(1862)年,年寄役(執政職)に登用され藩政改革を推進。元治1(1864)年の第1次長州征討では幕長間の周旋に当たる。第2次長州征討に反対し慶応2(1866)年5月幕命により謹慎に処せられるが,ほどなく解除された。翌3年6月上洛,その意見に共鳴し後藤象二郎に次ぐ大政奉還運動の担い手となり,藩内の武力討幕論を抑え,10月6日大政奉還を勧告する建白書を提出。だが運動は挫折,王政復古で誕生の新政府では参与,次いで大津県知事などを歴任。明治13(1880)年同進社を設立し,旧藩士族の授産に当たる。同23年元老院議官,麝香間祗候。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辻維岳
つじいがく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

辻維岳の関連キーワード日清戦争リーケの原理日清戦争ロシア映画荘厳ミサ曲木村嘉平シーボルトロゼロ菅野序遊科学史

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone