コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻近任 つじ ちかとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻近任 つじ-ちかとう

1676-1757 江戸時代中期の雅楽家。
延宝4年2月6日生まれ。辻近元(ちかもと)の孫。上(うえ)高庸の子。辻近寛(ちかひろ)の養子。奈良方。左舞(さまい)にすぐれた。享保(きょうほう)20年琴曲の調査を命じられて関東にいき,荻生徂徠(おぎゅう-そらい)らとともに雅楽曲15曲を,のちさらに琴曲100曲余を復活させた。宝暦7年10月29日死去。82歳。前名は高煕。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

辻近任の関連キーワードフョードル[3世]インノケンチウス11世アレクセイ・ミハイロビチシデナムライプニッツ伊藤伊兵衛(4代)小野弥助清水理兵衛プラッシーの戦白粒岩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android