コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻近寛 つじ ちかひろ

1件 の用語解説(辻近寛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻近寛 つじ-ちかひろ

1668-1721* 江戸時代前期-中期の雅楽家。
寛文8年生まれ。辻近元(ちかもと)の孫。奈良方。笙(しょう),左舞(さまい)にすぐれ,また笛を伯父の辻高秀にまなび,しばしば伯父にかわって東山天皇に教授した。のち幕府の命で日光廟(びょう)楽府(がふ)で舞楽を担当。東遊(あずまあそび)舞や「陵王」の荒序舞を再興した。享保(きょうほう)5年12月30日死去。53歳。初名は高元,近家。著作に「近家抄」「声振要録」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

辻近寛の関連キーワードオニビシ吉原(遊廓)雨森芳洲松岡恕庵豊岡藩享保の改革逸然元政守銭奴文字銭

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone