迂愚(読み)ウグ

大辞林 第三版の解説

うぐ【迂愚】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
世事に暗く、愚かな・こと(さま)。迂拙うせつ。 「却て大人も亦此例に洩れぬ-なものだといふ事を証明したいと思つて/中味と形式 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐ぐ【迂愚】

〘名〙 (形動) 世間の事をよく知らないで愚かなこと。(うかつ)でぼんやりしていること。
※篁園全集(1844)四・夏日邀集諸君於林氏西荘「仕官当為執金吾、不然邱壑守迂愚」 〔元稹‐献滎陽公詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android