コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬鹿/莫迦 バカ

1件 の用語解説(馬鹿/莫迦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばか【馬鹿/××迦】

[名・形動]《〈梵〉mohaの音写。無知の意。「馬鹿」は当て字》
知能が劣り愚かなこと。また、その人や、そのさま。人をののしっていうときにも用いる。あほう。「―なやつ」⇔利口
社会的な常識にひどく欠けていること。また、その人。「役者―」「親―」
つまらないこと。無益なこと。また、そのさま。「―を言う」「―なまねはよせ」
度が過ぎること。程度が並はずれていること。また、そのさま。「―に風が強い」「―騒ぎ」「―正直」
用をなさないこと。機能が失われること。また、そのさま。「蛇口が―で水が漏れる」→馬鹿になる2
[補説]元来は相手をののしる言葉であるが、相手に対する思いやり、親しみ・愛情の気持ちを込めて用いることもある。「―だな。そんなに思いつめなくていいのに」など。また、「―! あきらめるな」のように、否定や批判などの意で、感動詞的にも用いられる。
[派生]ばかさ[名]
[用法]馬鹿・阿呆(あほう)――「馬鹿」のほうが広い地域で使われ、意味の範囲も広い。「馬鹿に暑い」「馬鹿正直」「このネジは馬鹿になっている」のような意は「阿呆」にはない。◇「馬鹿」は関東で、「阿呆」は関西で多く使われる。
[補説] 
2015年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2015」キャンペーンでの「馬鹿」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆言葉の発し方で、けなすことにも愛情表現にもなる不思議な言葉。
バレエ・メカニクさんの投稿

◆時にはわざとその素振りをすることで、うまくいく時がある。
といしさんの投稿

◆考えることを放棄したさま。
MORIZOさんの投稿

◆きれいで魅力的な女の人に耳元でそっと甘くささやかれると、どんなことでも許してしまう言葉のこと。またはそれによって簡単にだまされてしまう男のこと。
はいちゃんさんの投稿

◆自分の頭で考えることをしない者のこと。
もりぷーさんの投稿

◆愛情の裏返しの意味を持つ。連呼すればするほど「愛しい」という意味になる。素直になれない人が使用する。
えるるさんの投稿

◆自ら、一次情報を確かめることをせず、インターネット上の情報や、テレビ、伝聞、噂に基づいて、他人を見下し、攻撃する人、またはそうした性質。
larimarさんの投稿

◆関西人に対する最高の侮辱の言葉。「アホ」との誤用に注意。
MGNさんの投稿

◆変わろうとしない人のこと。
瑠加さんの投稿

◆一拍置いて呟く様に言うと、とんでもなく「萌え」となる言葉。
ケロッキーさんの投稿

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬鹿/莫迦の関連キーワード南無阿鼻難陀無知蒙昧阿毘羅吽欠蘇婆訶刹土浮屠摩哆無知

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone