コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近喜代一 ちか きよいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近喜代一 ちか-きよいち

1917-1973 昭和時代後期の社会運動家。
大正6年6月10日生まれ。農漁業に従事。新潟県阿賀野川流域の住民の間に発生した水俣(みなまた)病にかかり,昭和40年新潟水俣病被災者の会を結成し,会長となる。42年以降昭和電工と裁判でたたかい,46年の勝訴後も補償交渉の先頭にたったが,補償協定締結直前の昭和48年5月23日に死去。55歳。新潟県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

近喜代一の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))牧野省三有島武郎チャップリン秋山清[各個指定]工芸技術部門ソルジェニツィン[各個指定]芸能部門神代辰巳沢渡朔

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android