コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近江麻布 おうみまふ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近江麻布
おうみまふ

滋賀県(近江国)の東近江(おうみ)市、愛知(えち)郡愛荘(あいしょう)町、犬上郡など、琵琶(びわ)湖東岸一帯で織られる麻(あさ)織物。彦根(ひこね)、高宮(たかみや)がもと中心であったので近江高宮布また近江上布(じょうふ)ともよばれた。享保(きょうほう)(1716~36)ごろから奈良晒(さらし)を継承して生産が盛んとなり、彦根藩の国産振興と武家用の麻袴地(はかまじ)の確保から、近江麻布改役所を設置して統制と保護奨励により盛んに製織が行われた。繊維原料は、在来の大麻(たいま)、苧麻(ちょま)から、明治以後には亜麻(あま)、ラミーを取り入れ、現在での手紡糸は機械ラミー糸に変わっている。おもに能登(のと)上布、越後(えちご)上布による技法が取り入れられ、櫛(くし)押し、板(いた)締めによる絣(かすり)技法によっているが、わずかの数量をバッタン機を使って生産するにすぎない。用途は着尺(きじゃく)地、夜具地、敷布などである。[角山幸洋]
『近江麻布史編さん委員会編、渡辺守順本文・解説『近江麻布史』(1975・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

近江麻布の関連キーワード外村与左衛門(5代)伊藤忠兵衛(初代)近江八幡[市]高宮(滋賀県)森五郎兵衛東近江市能登川

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近江麻布の関連情報