近藤 巨士(読み)コンドウ ヒロシ

20世紀日本人名事典の解説

近藤 巨士
コンドウ ヒロシ

昭和期の学生運動家 血のメーデー事件死亡者;戦後学生運動の最初の犠牲者。



生年
昭和5(1930)年4月15日

没年
昭和27(1952)年5月6日

出生地
北海道

学歴〔年〕
法政大学文学部

経歴
法大で反戦学生同盟に入り、昭和25年アメリカ占領軍が進めたレッド・パージの反対闘争に参加、文学部自治会副委員長となる。27年5月1日の第23回メーデーにおいて全学連デモ隊に参加、皇居前広場で警官隊と衝突して重傷、慈恵医大病院に入院。警察の取調べを受け5日後死亡した。直接死因は頭蓋骨骨折。血のメーデー事件といわれ、戦後学生運動の最初の犠牲者となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

近藤 巨士 (こんどう ひろし)

生年月日:1930年4月15日
昭和時代の学生運動家
1952年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android