コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤為美 こんどう ためよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤為美 こんどう-ためよし

1840-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)11年生まれ。土佐高知藩の郷士土佐勤王党にくわわり,文久2年五十人組にえらばれ江戸で藩主の護衛にあたる。藩論佐幕に一変し投獄された武市瑞山(たけち-ずいざん)を救出するため,清岡道之助らと野根山屯集に参加。のち藩兵に捕らえられ,元治(げんじ)元年9月5日処刑された。25歳。本姓は川口。通称は次郎太郎(じろたろう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

近藤為美の関連キーワード近藤次郎太郎運動家尊攘

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android