コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤謙山 こんどう けんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤謙山 こんどう-けんざん

1814-1861 江戸時代後期の医師。
文化11年生まれ。若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)藩医賀川(かがわ)蘭斎に産科をまなび,のち巨大児頭など分娩(ぶんべん)困難時につかう包頭器を工夫した。「達生図説」(嘉永(かえい)7年刊)をあらわす。安政5年京都にうつり,開業した。文久元年死去。48歳。名は直義。通称は退蔵

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

近藤謙山の関連キーワードブルボン朝サルデーニャ王国オセアニア史(年表)葛飾北斎イタリア炭酸塩岩脈文久ドストエフスキー奈破崙パジェス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android