コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤貞用 こんどう さだもち

1件 の用語解説(近藤貞用の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤貞用 こんどう-さだもち

1606-1696 江戸時代前期の武士。
慶長11年生まれ。旗本。書院番,百人組頭をつとめ,明暦3年(1657)江戸大火のとき活躍。新田開発,放牧・製紙の振興などで郷里の遠江(とおとうみ)(静岡県)引佐郡(いなさぐん)金指(かなさし)の発展にもつくした。歌舞伎で幡随院(ばんずいいん)長兵衛らとわたりあう旗本として知られる。元禄(げんろく)9年死去。91歳。通称は登之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

近藤貞用の関連キーワード生駒利勝加藤光正木村亦次郎楠不伝死人小左衛門専吟高木甚左衛門多賀左近寺村山川蜂須賀山城

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone