コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤貞用 こんどう さだもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤貞用 こんどう-さだもち

1606-1696 江戸時代前期の武士。
慶長11年生まれ。旗本。書院番,百人組頭をつとめ,明暦3年(1657)江戸大火のとき活躍。新田開発,放牧・製紙の振興などで郷里の遠江(とおとうみ)(静岡県)引佐郡(いなさぐん)金指(かなさし)の発展にもつくした。歌舞伎で幡随院(ばんずいいん)長兵衛らとわたりあう旗本として知られる。元禄(げんろく)9年死去。91歳。通称は登之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

近藤貞用の関連キーワード近藤登之助近藤用随

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android