近藤陸三郎(読み)こんどう りくさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤陸三郎 こんどう-りくさぶろう

1857-1917 明治-大正時代の実業家。
安政4年1月19日生まれ。明治13年工部省阿仁(あに)鉱山(秋田県)の技師となる。同鉱山が古河市兵衛にはらいさげられたのち,古河家につとめる。30年足尾銅山所長となり,足尾鉱毒事件への対応におわれた。大正2年古河合名理事長。大正6年11月6日死去。61歳。蝦夷(えぞ)地(北海道)出身。工部大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

近藤陸三郎

没年:大正6.11.6(1917)
生年:安政4.1.19(1857.2.13)
明治大正期の実業家。北海道箱館生まれ。明治13(1880)年工部大学校(東大工学部)鉱山科を卒業。工部省に入り,阿仁鉱山分局に勤務。同鉱山の古河市兵衛への払い下げにともない,古河に移籍する。21年から1年余にわたり,技術者の立場から欧米の鉱業事情を視察し,30年足尾銅山鉱業所長に就任。当時,社会問題となった渡良瀬川流域の足尾銅山鉱毒問題に対処するため,政府の命令による鉱毒予防工事実施に取り組み,日夜奮闘して予定期日までに難工事をなしとげた。大正2(1913)年古河合名会社理事長に就任,4年工学博士。

(中村青志)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android