追尊(読み)ついそん

精選版 日本国語大辞典「追尊」の解説

つい‐そん【追尊】

〘名〙 死後にんで称号を贈ること。追崇(ついそう)
※続日本紀‐霊亀二年(716)八月甲寅「宝亀元年、尊称春日宮天皇」 〔史記‐世家〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「追尊」の解説

【追尊】ついそん

父祖に尊号を贈る。〔史記、世家〕(烈侯)六年、・魏・趙、皆相ひ立ちて侯と爲る。獻子をして獻侯と爲す。

字通「追」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android