コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追波川 おっぱがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

追波川
おっぱがわ

宮城県北東部を流れる北上川の下流部。石巻市北部の飯野川地区から追波湾に注ぐまでの下流部約 9kmをいう。伊達政宗の河川改修以前も北上川の下流であったが,改修後北上川は石巻への流路をとった。 1931年津山町柳津から飯野川まで新北上川が開削され,その下流部となった。総合開発計画により,1976年旧北上川と追波川とは切り離され,追波川は完全に北上川の下流部となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

追波川
おっぱがわ

宮城県北東部を流れる北上(きたかみ)川の下流部。岩手県から南流してきた北上川は石巻(いしのまき)市飯野川(いいのがわ)から流路を東に転じ追波湾に注ぐ。この部分約9キロメートルを追波川という。1934年(昭和9)北上川の改修工事が完成し、従来登米(とめ)市津山町柳津(やないづ)から西方へ湾曲しながら南流して石巻湾へ注いでいた流路は、飯野川を経て追波湾に流れるようになった。これにより柳津より下流を新北上川、また従来の流路を旧北上川ともいう。[後藤雄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

追波川の関連キーワード河北

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android