コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石巻湾 いしのまきわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石巻湾
いしのまきわん

宮城県東部,仙台湾北部の支湾。宮戸島から牡鹿半島にいたる沿岸は,石巻市を境に西は砂浜海岸,東はリアス海岸旧北上川鳴瀬川が流入。この中間に位置する定川の河口の釜入江には石巻工業港,旧北上川河口の東の長浜海岸には石巻漁港が築港された。鳴瀬川河口には,明治初期の野蒜築港の跡がある。硯上 (けんじょう) 山万石浦県立自然公園に含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしのまきわん【石巻湾】

宮城県牡鹿(おしか)半島から鵜ノ尾崎(福島県相馬市)までの仙台湾のうち,宮戸島より北東部の支湾をいう。石巻から東の牡鹿半島にかけては中生代の地層よりなる岩石海岸で屈曲に富み,網地(あじ)島,田代島や,鮎川,大原,荻浜などの湾入があってリアス海岸の特色を示す。沿岸ではノリ,カキの養殖が盛んで,沖合漁業への出漁者も多い。石巻より西方の沿岸は平滑な砂浜海岸で東半と対照的であり,数列の浜堤列により閉塞された海岸線を示し,浜堤の高まりは畑や集落に利用され,また後背湿地は北上運河の開削に利用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕石巻湾(いしのまきわん)


宮城県東部、牡鹿(おしか)半島と松島(まつしま)湾東岸の宮戸(みやと)島に抱かれた湾。仙台湾の湾奥東部を占める。牡鹿半島沿岸はリアス式の沈降海岸、石巻港から西には砂浜海岸が発達。石巻港は旧北上(きたかみ)川の河口に発達した古い港で、東部に漁港、西部に掘り込み式の工業港がある。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石巻湾
いしのまきわん

宮城県北部、仙台湾北部の支湾。石巻市を境として東部の牡鹿(おしか)半島のリアス式岩石海岸と西部の平坦(へいたん)な砂質海岸とに分けられる。東部は田代(たしろ)島、網地(あじ)島や、鮎川(あゆかわ)湾、万石(まんごく)浦など湾入が多く、ノリ、カキ、ワカメなどの浅海養殖が行われ、とくに種ガキの生産は全国でも有数である。西部は、佐沼低地帯、大谷地(おおやち)低地帯の延長部が、浜堤列で閉塞(へいそく)された海岸線で、旧北上川、定(じょう)川、鳴瀬(なるせ)川が流入している。定川河口には掘込み式の石巻工業港がある。[青柳光太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の石巻湾の言及

【仙台湾】より

…湾には旧北上川,鳴瀬川,名取川,阿武隈川など大小の河川が流入し,沿岸には仙台平野が発達する。湾の東端は北上高地南端が沈降してできた岩石海岸からなる牡鹿半島で,属島に網地(あじ)島,田代島があり,仙台平野の一部である石巻平野の平滑な砂浜海岸に面して支湾の石巻湾がある。石巻湾の西方,松島丘陵の東部が沈降して形成された松島湾には多数の島が散在して松島の景勝地をなし,七ヶ浜(しちがはま)半島以南は仙台平野南部の砂質海岸となっている。…

※「石巻湾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石巻湾の関連キーワード硯上山万石浦県立自然公園宮城県東松島市東松島(市)宮城県石巻市鳴瀬〈町〉矢本[町]矢本〈町〉鳴瀬[町]川村重吉東松島市江合川仙石線石巻港嵯峨渓吉田川小出島追波川弁天島矢本月浦

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石巻湾の関連情報