退出(読み)タイシュツ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)今までいた場所からしりぞいて出ること。特に、おおやけの場所や貴人の前などから出ること。「法廷から退出する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 貴人の前や役所などから引きさがって帰ること。その場からさがること。
※明月記‐治承四年(1180)二月九日「参中宮御方、大原野祭御幣等儲之退出、参八条
※太平記(14C後)一四「皆興を醒して退(タイ)出し」
② 追放すること。放逐すること。
※吾妻鏡‐文治五年(1189)二月三〇日「前地頭遠平代官可早退出郡内事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

退出の関連情報