コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下がる サガル

2件 の用語解説(下がるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さが・る【下がる】

[動ラ五(四)]

㋐物の上端が固定され、他の端が下へ向かう。たれさがる。ぶらさがる。「棚からヘチマが―・っている」「つららが―・る」
㋑物の一端が他の端よりも下へ向かう。垂れる。「目尻が―・る」「―・ったまゆ」
高い所・位置から低い所・位置へ移る。位置が下の方になる。「ダムの水位が―・る」「地盤が―・る」「靴下が―・る」⇔上がる
今までよりも低い段階に移る。低下する。
㋐位・階級が低くなる。等級・順序などが下の方になる。「地位が―・る」「ランクが―・る」⇔上がる
㋑価値・値段・評価などが低くなる。「人気が―・る」「業績が―・る」「質が―・る」「物価が―・る」⇔上がる
㋒力・技量・働きなどが劣った状態になる。「腕が―・る」「能率が―・る」⇔上がる
㋓程度・度合いが低くなる。「気温が―・る」「熱が―・る」⇔上がる

㋐身分の高い人の前から退出する。「御前を―・る」
㋑公的な場所や主人のいる所などから退く。「控室に―・って待つ」「奉公人が宿に―・る」
㋒《内裏のあった北と反対の方向へ行くところから》京都で、南へ行く。⇔上がる
官庁などから金銭や許可などが与えられる。下付される。おりる。「恩給が―・る」「旅券が―・る」
後ろへ移動する。後ろへ退く。「白線の内側まで―・ってお待ち下さい」
時が移る。時が過ぎる。「時代が―・って明治となる」
「昼少し―・る頃より雨となッて」〈二葉亭浮雲
遅れる。落伍する。
「―・らう者をば弓の弭(はず)に取り付かせよ」〈平家・四〉
[可能]さがれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さがる【下がる】

( 動五[四] )
物の位置が上から下へ連続的に動く。 ↔ あがる 「地盤が-・る」 「ズボンが-・る」
物の一端が高い所に固定されて下方に垂れる。ぶらさがる。 「暖簾のれんが-・っている」
中心的な所から離れる。
地位の高い人の前から退出する。 「陛下の御前を-・る」 「お屋敷から-・る」
後ろへ位置が移る。しりぞく。 「電車が参ります。白線の内側にお-・り下さい」
上位の者から下位の者へ物や金が渡される。下付される。 「免状が-・る」
〔御所が北部にあったところから〕 京都市で南の方へ行く。
あがる 「四条通りを少し-・った所」
他の物に比べて下または後方にある。 「右肩が-・っている」 「三尺ほど-・って控えている」
程度・価値・金額・温度などが以前よりも低くなる。 ↔ あがる 「質が-・る」 「成績が-・る」 「卸値は-・ったのに小売値は-・らない」 「気温が氷点下に-・る」
時刻が遅くなる。時代がくだる。 「時代が-・る」
盛りを過ぎる。衰える。 「其後二郎丸が寵-・りてやうやう退けられにければ/著聞 15
ある時刻・刻限を過ぎる。 「七つ-・つて清水へ参れば/狂言・清水」 〔「下げる」に対する自動詞〕
[慣用] 頭が- ・溜飲が-

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下がるの関連キーワード嵩張る固定株固定電話羽織る物の上手落掛る崩れ掛る固定ピッチプロペラ座る散掛る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下がるの関連情報