コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

退座 タイザ

デジタル大辞泉の解説

たい‐ざ【退座】

[名](スル)
その集まりなどの席から去ること。退席。「会議の途中で退座する」
役者などがその属する一座をやめること。退団

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たいざ【退座】

一般には特定の事由によって,当然列席すべき会議等の座をはずす意。鎌倉幕府の裁判制度では現今の裁判官忌避事項に当たる。1235年(嘉禎1)の規定では,評定のとき退座すべき関係として,祖父母,父母,養父母,子孫,養子孫,兄弟,姉妹,婿(姉婿妹婿,孫婿を含む),舅,相舅,伯叔父,甥姪,従父兄弟,小舅,夫(妻が訴訟するとき),烏帽子子をあげる。これが厳密に評定(および引付)会議にのみ適用されるのか,他の手続処理機関にも適用されるか,またこの関係があれば当然に退座するのかなど,不明瞭な点もあるが,少なくも訴訟当事者の一方は相手方と裁判官の間に上記のいずれかの関係があるとき,忌避を請求しえ,承認されたものであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいざ【退座】

( 名 ) スル
座席から去ること。退席。 「講演会を中途で-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

退座の関連キーワード豊竹 柳適太夫(2代目)豊沢 松太郎(1代目)野沢 喜八郎(7代目)竹本 弥太夫(5代目)吉住 小三郎(4代目)吉田 辰五郎(5代目)竹本 春太夫(7代目)吉田 栄三(2代目)鶴沢 道八(1代目)豊沢 松太郎(初代)鶴沢 綱造(4代目)鶴沢 清七(5代目)吉田文三郎(初代)鶴沢 道八(初代)竹本綱太夫(2代)豊竹嶋大夫(8代)吉田文三郎(1世)吉住小三郎(4代)鶴沢清六(3世)曽我廼家 十吾

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

退座の関連情報