退座(読み)タイザ

デジタル大辞泉の解説

たい‐ざ【退座】

[名](スル)
その集まりなどの席から去ること。退席。「会議の途中で退座する」
役者などがその属する一座をやめること。退団

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たいざ【退座】

一般には特定の事由によって,当然列席すべき会議等の座をはずす意。鎌倉幕府の裁判制度では現今の裁判官忌避事項に当たる。1235年(嘉禎1)の規定では,評定のとき退座すべき関係として,祖父母,父母,養父母,子孫,養子孫,兄弟,姉妹,婿(姉婿妹婿,孫婿を含む),舅,相舅,伯叔父,甥姪,従父兄弟,小舅,夫(妻が訴訟するとき),烏帽子子をあげる。これが厳密に評定(および引付)会議にのみ適用されるのか,他の手続処理機関にも適用されるか,またこの関係があれば当然に退座するのかなど,不明瞭な点もあるが,少なくも訴訟当事者の一方は相手方と裁判官の間に上記のいずれかの関係があるとき,忌避を請求しえ,承認されたものであろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいざ【退座】

( 名 ) スル
座席から去ること。退席。 「講演会を中途で-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

退座の関連情報